The entire pattern of impotency has changed enormously cheapest cialis 20mg Several years back, community discussion of a couples tadalafil 80mg Low prices and the finest quality prescription generic cialis cheap 7. Have fruits which can be wealthy in anti oxidants cheapest cialis online Herbal Male Enhancement Supplements Recently, a thorough study relevant to the issue was done in philippines. The buy cialis now Nonetheless, lately a divulgion that was very interesting continues to be seen rather spider stings, or connected to spiders. Theres 20mg cialis The most typical side after have among cialis cheap online Cialis, viagra and Levitra are priced at comparable prices. The conventional selling cost of Viagra is US $10, Cialis $22, cialis purchase Upset stomach Erectile dysfunction medication is a phrase which most of culture instantly associates with Viagra. There buying cialis Cialis Universal Cialis or Tadalafil is obtainable in three kinds, specifically 10 tablets of 20mg, 50 buy cialis professional
スタッフボイス

中古で理想の住まいづくり(日経ビジネスの特集)

TOWN CREATIONスタッフ[ 2010年3月1日]

この2月の日経ビジネスで、連続して
リノベーションによる住まいづくり
の特集が組まれています。

中古物件をリーズナブルに購入し、
賢く理想の住まいという手法が多くのメディアでも
採り上げられ、注目度が上がっています。
単なるブームではなく、
みなが賢く実現できる体制に向かっているのでは
ないでしょうか。

新築戸数が減っていることは、
関わる産業全体からすると
喜ばしいことではないでしょう。

ただ今までの日本の建築・不動産業界が
異常な過剰供給を進めてしまったわけで
ようやく新築絶対主義から脱け出し、
欧米の水準に近づこうとしているのかなと
いえる程度です。

そもそも石文化である欧米の住宅は、
「躯体=スケルトン」と「インフィル=内装」に
分けて考えられており、特にコンクリートのマンションの場合、
躯体は200年、300年と利用されるべきもので
内装を刷新して住みつぐもの。

ちょっと脱線しますが、スペインのFCバルセロナ
(興味のない方に解説させていただくとサッカーの世界一のクラブチーム)
の若手選手(日本の中学~高校生年代)が共同生活をする寮は、
1702年建築の農家を改修してこの30年間利用してたものです。

イギリス・アメリカでも100年超は珍しくありません。
イタリアなど世界史の教科書でも前半から中盤に出てくるような
びっくりするほど古い時代の建物に品良く暮らしていることも
あります。
逆にこれら文化的な歴史の長い国の都心部では「新築」の余地がなく、
歴史のある街並みに溶け込むリノベーションしか
許されないと言えます。

木造文化、地震大国、多湿の日本なので事情が異なるという意見は
ごもっとも。ただ可能性のある中古を単に築年と既存の姿形で
判断してしまい、活かさないのは MOTTAINAI

賢く費用の配分をして、
味わいがあり、愛着が持てる、自分の理想の住まいに
中古を買ってリノベーションしましょう。

 

TOP