DC LOFT

DC LOFTS(ディーシーロフト)とは エー・ディーアンドシーが目指しているリサイクルプログラムです。
『計画変更で使わなくなっちゃった』 『間違えて発注してしまった』 『解体したら使えそうなものが出てきた』 『商品のモデルチェンジをしたので売れなくなってしまった』→
このような場合の多くは廃棄されてしまいます。 新しいモノを注文した方が効率的だからです。 でもそれを減らすための少しの手間が、建築業界には、もっと必要だと思っています。

DC LOFTSの3つのメリット。height=

  • 産業廃棄物を減らすことに協力できる。
  • 通常より安く購入でき、余った予算を別のところに使うことが可能。
  • 売上の一部をNPO法人を通して森林保護に貢献。

行き場を失くしたモノでも どこかでそれを必要としている人がいるはずです。 DC LOFTSではその橋渡しをしていきます。

DC LOFTS(ディーシーロフト)は、住宅設備関連品の売上げの一部を寄付することで、無駄な廃棄物の削減・森林保護・それらの活動母体の支援を行います。建築業界と協賛者、エー・ディーアンドシー、購入者一人ひとりがお互いに協力し合い、このリサイクルプログラムを通じて森林保護が実現していくことを目指します。

また、DC LOFTSはこの活動を通してリユースの可能性、物の大切さを実感してもらい、エコロジー活動の意を多くの方々に広げるとともに活性化させることに貢献します。
 

DC LOFTS 施工例 

  • 住宅
  • オフィス
  • 店舗
・01 住宅 ブリックタイル・手摺は現場で余った材料。  ・02 住宅 キッチンはモデルルームで飾られていたものを活用。  ・03 住宅 既存の玄関に使われていた灯りとり用のガラスブロックをテーブルに加工。テナントビルの事務所でほぼ未使用のまま解体されてしまったスチール扉、新築をリフォームした現場ででた未使用のキッチン等も活用。
オフィス 現場でもらったペットボトルをオリジナルの照明に。デスクは現場で不要になったスチールデスクを改造したもの。 オフィス 店舗の工事の途中で計画変更があり、余ってしまったスチールの棚を活用。
店舗 古い住宅の改修時、不要になってしまった既存照明をお施主様にいただいたもの。  材料発注後に中止になってしまった現場で在庫になってしまった洗面台を活用。  店舗 ほぼ未使用で引き下げられてしまった店舗のイスを活用  店舗 店舗で廃棄予定だったパイプをテーブルの脚に加工

 

 

TOP